「本サイトのコンテンツには商品プロモーションが含まれています」

国内旅行

サマーランドの場所取りは屋内ならおすすめはどこ?【2024】屋外や有料席についても紹介

サマーランドの場所取りは屋内ならおすすめはどこ?【2024】屋外や有料席についても紹介
Pocket

東京あきる野市にある”東京サマーランド”といえば、日本最大級の流れるブールや雨や風が強い日でも天候に左右されずに泳げるドーム型屋内プール(アドベンチャードーム)があるウオーターアトラクションの大型レジャーランドです。

夏休み中や週末になると混雑は当たり前で、朝早くから駐車場前は大行列。

今年2024年6月には屋外プール(アドベンチャーラグーン)には、新プールがオープンしたのでますます人気がでているようです。

人気のスポットなので混雑時は朝からの場所取りは必須、狙いめなおすすめの場所や有料席についてもご紹介します。

今回のテーマは「サマーランドの場所取りは屋内ならおすすめはどこ?【2024】屋外や有料席についても紹介」です。

 

サマーランドの場所取りは屋内ならおすすめはどこ?【2024】

サマーランドの場所取りは屋内ならおすすめはどこ?【2024】屋外や有料席についても紹介

夏といえばプール!暑い夏に思いっきりプールで遊びたくなりませんか?

東京サマーランドは屋内外の巨大プールやウオーターアトラクションなど家族や友達と1日いても飽きないほどの広大なレジャーランドです。

折角行くのだから混雑時でも事前に場所取りの確認はしておきたいですね。

レジャーシートを敷くなら厚手のものがおすすめです、下からの熱も遮ってくれて横になっても体が痛くなりません。

では屋内のおすすめの場所をいくつか上げてみましょう!

 

1番人気コバルトビーチ前

まず屋内での一番人気は、コバルトビーチ前辺り、混雑時は開園すると直ぐに埋まってしまうエリア。

コバルトビーチは屋内プールでは中心となるプールで幅20m水深0~ 1.4mの遠浅プール、日によっては波(さらまんWAVE)が実施されるので、大人気のエリアなのです。

親としても子供がプールで遊んでいる姿を確認したり迷子になる可能性が低いと考えたら、コバルトビーチ前はベストポジションかもしれません。

でも人気が高い場所なだけに入園時間より前から並ぶのが必須です!

サマーランドでは混雑時には開園前の1時間まえから行列客を入場させているので、コバルトビーチ前を狙うならサマーランドには早くから並ぶことをおすすめします。

 

フルーツアイランド横

小さなお子さんがいる家庭はこちらのエリアがおすすめ。

パイナップル、スイカ、バナナなどのカラフルなフルーツで彩りされたかわいらしいプールが目印なので、小さなお子さんにも喜ばれること間違いなし。

近くには”ドリアン”という食事やアイスクリームが売っているお店もあるので、お腹が空いても安心です。

目の前でお子さんが泳いでいるのを見れるのも安心なポイントですし、写真映えするので親子で楽しめますね。

 

快適なグリーンルーム休憩所

屋内ドームの2Fにある無料休憩所は座卓タイプになっており、ファミリー向けな場所です。

枠内であれば小さなお子さんの昼寝や大人でも横になって休むことができるので快適。

空調が効いているので、熱中症対策にもなり付き添いの高齢者や一人でプールに遊びに行ける高学年のお子さんとの待ち合わせ場所としては最高の場所です。

ただ、空調が効きすぎることもあるので羽織る物や、多めにタオルは持参したほうが良いでしょう。

 

サマーランド場所取りでの屋外や有料席のおすすめは?

サマーランドの場所取りは屋内ならおすすめはどこ?【2024】屋外や有料席についても紹介

暑い夏は日を避けるため屋内プールは人気の場所ですが、屋外のアドベンチャーラグーンは多様なプールやスライダーがあり、思いっきりウオーターアトラクションを楽しみたいなら屋外がおすすめ。

東京サマーランドでは、屋外(アドベンチャーラグーン)のみ簡易テントの使用が許されているので、無料席なら場所を選べば快適な空間作りはできるはずです。

日差しを遮る屋外ならここ

屋外に場所取りするなら、グレートインフォメーション前のロッカーや更衣室近くにある屋根下周辺がベスト。

良く来る人は早めに入場して、一番人気の屋根下に簡易テントをはっていました。

こちらは完全に日陰になるので、簡易テントを設置できれば太陽で体力も奪われず体を休めることが出来るので休憩場所としては完璧な場所です。

でもこの場所は人気が高いので、混雑時期はここを狙うなら朝7:30頃から入場の列に並んだほうが良いでしょう!

早めに休憩場所を確保して、人気のスライダーに並べば待たされること無くアトラクション開始時間と同時に遊べるので、時間を無駄なく過ごせます。

 

有料席のおすすめは?

朝早くから入場できず希望の休憩場所を確保できない人や、荷物を少なくしたい人には有料席がおすすめ。

屋内外色々なバリエーションの有料席があり、場所によっては事前予約もできるので当日慌てること無くプールを楽しめます。

ただ当日受付のみの有料席もあり、開演時間の9時頃にはほとんど満席になる日もあるので注意は必要。

有料席おすすめは・・・・
ロイヤルレスト席 冷房完備の室内・ロイヤル席専用シャワー・トイレ付き
ロイヤルデッキ席 ロイヤル席専用シャワー・トイレ付
どちらも利用日より1週間前からwebにて予約可能

代金は他の有料席より高いですが、専用のトイレやシャワーがついているのがポイント。

帰宅時間に待たされること無く専用のシャワーが使えるのは、小さいお子さんがいるご家族や、大人数のグループにはとても助かるサービスですね。

でもロイヤルレスト席は室内なので冷房が効きすぎている場合もあり、長袖や多めのタオルは必要です。

 

サマーランドの場所取りなら屋内ならおすすめはどこ?【2024】まとめ

サマーランドの場所取りは屋内ならおすすめはどこ?【2024】屋外や有料席についても紹介

今年2024年の夏も猛暑になると予想されています。

きっと東京サマーランドもプールを楽しみたい人で混雑するでしょう。

屋内・屋外の無料休憩場所取りを狙うなら、開園の1時間前以上から並ぶことをおすすめします。

大変なのは朝が早いというだけなので、ササッとグッドな場所を確保してウォーターアトラクションを満喫しましょう!

時間に余裕がない人は有料席を事前予約すれば安心。

当日でも先着順の有料席があるので、折角来たなら少し贅沢しても良いかもしれません。

無料席・有料席どちらか比較してみて、自分の予定に合わせて選んでみてください。

今回は「サマーランドの場所取りは屋内ならおすすめはどこ?【2024】屋外や有料席についても紹介」をお伝えしました。