「本サイトのコンテンツには商品プロモーションが含まれています」

国内旅行

ペルセウス座流星群の見える場所は関東のどこ?2024年の方角や見方も紹介

ペルセウス座流星群の見える場所は関東のどこ?2024年の方角や見方も紹介
Pocket

ペルセウス流星群とは高速でかつ明るい星がとても多い流れ星の一つで、ふたござ流星群、しぶんぎ座流星群とともに三大流星群と呼ばれています。

天文学に詳しくなくても見ごたえのある流星群のひとつとして知られていますね。

毎年7月中旬から8月中旬辺りに出現すると言われていますが、2024年は関東地方どこの場所が良くみれるか、見上げる空がどの方角か知りたくなります。

ちょうど夏休み中なので、親子で一緒に夜空を見ながら”自由研究”のテーマとして見るのも良いかもしれませんん。

夏に輝くペルサウス流星群2024を見逃さないための見方や押さえておきたいポイントなどをいくつか紹介します。

今回は「ペルセウス座流星群の見える場所は関東のどこ?2024年の方角や見方も紹介」がテーマです。

 

ペルセウス座流星群の見える場所は関東のどこ?

ペルセウス座流星群の見える場所は関東のどこ?2024年の方角や見方も紹介

ペルセウス流星群を見るためのチャンスは夏の間何回かはありますが、流星群の活動が最大になる日を選ぶのが見ごたえのある美しい流星群を見られる絶好の機会です。

今年の2024年は活動のピークが8月12日23時ごろが極めて大きくなり、8月12日の深夜から8月13日の未明ころが一番見えるチャンスで最大40個ほどの流星数が予想されています。

一年でたくさん見られる機会がほんの僅かな期間なので、ぜひベストな場所で見てほしいので関東内でおすすめの場所を選んで見ました。

 

ヤビツ峠・菜の花台展望台 神奈川県

神奈川県内でペルセウス座流星群を見るならデートスポットとしても有名な秦野市ヤビツ峠までの道中にある菜の花台展望台がおすすめ。

駐車場も完備しているので、アクセスも良くトイレも完備しているのでお子さんと行っても安心ですね。

夜景が美しいことでも有名ですが、ペルセウス座流星群を見るためには視界から光を遮って真っ暗な状態で空を見上げると良く見えます。

当日の星空が見える指数をウエザーニュースで確認できるので行く前にチェックしましょう。

 

地球の丸く見える丘展望館 千葉県

日本で一番早く日の出が見られる千葉県銚子市にある展望台。

屋上の展望台から見る眺めは本当に地球の丸さを実感出来きて感動します。

ペルセウス座流星群を見る時間帯は展望台は閉館しているので、市営駐車場から歩いて丘に登って観察はできます。

千葉県北東部の北総地区で一番高い愛宕山(73.6m)にあるので遮るものは何もなく星空もきれいに見えます。

当日の”地球も丸く見える丘展望台”の星空指数はこちら

 

堂平天文台・星と緑の創造センター 埼玉県

「搭乗天文台堂平観測所」として昭和37年に設立された歴史ある天文台。

現在はリニューアルされ宿泊設備も増設された星を見るには素晴らしい環境が整っています。

夜間の天文台には宿泊利用者と星空観望会の予約者のみしか利用できないため、注意が必要。

でも天文台内に宿泊できなくても「星と緑の創造センター」にはログハウスやバンガロー・テントがあるので、高台の敷地内から美しい星空を見上げることは可能です。

当日の”堂平天文台”の星空指数はこちら

 

奥多摩湖 東京

東京の星空観測スポットとして定番の奥多摩湖、周辺には駐車場も多く新宿から約1時間で来られるアクセス良好な場所。

山岳地帯なので天体観測を邪魔する明かりも無く肉眼できれいな天体を楽しめます。

おすすめは奥多摩湖にある大麦代駐車場、24時間無料の駐車場で夜には天体観測するために多くの人が訪れるスポットです。

当日の奥多摩湖の星空指数はこちら

 

ペルセウス座流星群2024方角や見方の紹介

ペルセウス座流星群の見える場所は関東のどこ?2024年の方角や見方も紹介

ペルセウス座流星群を数多く見るために大事なのは、人工な明かりで照らされた都心から離れて街灯や住宅の明るさがない場所を観察場所に選ぶことです。

そして今年2024年は8月12日の23時にペルセウス座流星群の活動が極大(活動が最も活発になること)になるので、最も多く流星が見られるのは放射点が一番高いときの13日未明とされています。

東京辺りだと13日の3時頃がピークで1時間に暗い場所から見える流星群が40個ほどになるそうです。

8月12日の月は上弦の月の少し前、流星群が極大になる前の22時には沈むので、今年は月明かりが天体観測の邪魔をしない絶好のチャンスの年です!

夜空を見るために顔を上げ続けるのは疲れてしまうので、レジャーシートの上に寝転んだ状態で観察するのが一番楽な方法、流星群は星空全体にまんべんなく流れてきます。

それでも見つけにくいと感じたら、北東の空を見上げると流星群がみえるはずです。

今年はペルセウス座流星群が見える条件が揃う絶好の年なので、家族や友人といっしょに流れ星見ながら素敵な思い出つくりましょう。

 

ペルセウス座流星群の見える場所は関東のどこ?まとめ

ペルセウス座流星群の見える場所は関東のどこ?2024年の方角や見方も紹介

今年2024年はペルセウス座流星群を見るには条件が揃う絶好の年です。

ご紹介した関東の場所ではなくても、人工的な光で天体観測が邪魔されず見方や方角の条件をきちんとすれば、場所は選ばなくても美しい流星群に出会えることでしょう。

ペルセウス座流星群はプラネタリウムではなく肉眼で見られる天体ショーでもあるので、流れ星の美しさをストレートに感じてください。

今回は「ペルセウス座流星群の見える場所は関東のどこ?2024年の方角や見方も紹介」をお伝えしました。