「本サイトのコンテンツには商品プロモーションが含まれています」

買い物

木更津アウトレットの駐車場はどこがいい?混雑回避方法や裏技も紹介

Pocket

店舗数日本一の規模を誇る三井アウトレットパーク木更津は都心から約45分ほどでアクセスできるアウトレットモール。

東京湾アクアラインの「木更津金田IC」から約1kmほどで到着できる利便性が人気で土日祝や大型連休の駐車場はいつも満車で行列がたえません。

行き帰りに海ほたるに寄ったりと1日で観光気分を味わえる木更津アウトレットは人気のスポットなので、できるだけ混雑は回避したいものです。

こちらのアウトレットは平地にあり2階建てではないので日本一の店舗数でも割りと回りやすいのですが、車の駐車場の場所によってはかなり歩いたり帰りの渋滞にハマったりとどこがいいのか停める場所に迷ってしまいます。

土日祝や春秋の大型連休の混雑をできるだけ回避できる駐車場のや裏技などお得な情報を今回はお届けします。

今回のテーマは「木更津アウトレット駐車場どこがいい?混雑回避方法や裏技も紹介」です。

 

木更津アウトレットの駐車場はどこがいい?

三井アウトレットパークはどの世代にも楽しんでもらえるショッピングモールを目指しており国内外のブランドを幅広い店舗ラインナップで展開しているので、家族連れや若いカップルなど老若男女に好まれるアウトレットなのです。

なので土日祝や大型連休などの混雑は避けられません。

自分が駐車するパーキングがどの位置にあるのか、どの店が近いかなど事前に把握しておく必要があります。

 

木更津アウトレット駐車場は全部で11箇所

木更津アウトレットは約6000台が駐車できるスペースが確保されており、P1〜P8までガーデンゾーン・オーシャンゾーン・アーバンゾーン・グリーンゾーン4つのショッピングスペースをコの字に隣接しています。

当日の混雑状況によってP1〜P8が満車な場合はアウトレットから少し離れたP9〜P11まで誘導されてしまうこともあります。

小さいお子さんがいる場合や、買ったものを車に一度置きに行く場合など駐車場が遠いと大変なので出来ればP1〜P8までの駐車場に停められるのが理想ですね。

 

ガーデンゾーン

P1・P2・P7・P8 に隣接 P1・P2に優先者スペースあり
P7は立体駐車場で電気自動車充電スポット完備、暑い日は日よけのためここに停めるのもポイント。
ガーデンゾーン目的ならP9・P10・P11からも徒歩7〜8分圏内、約200mほどです。

 

オーシャンゾーン

P2・P3 に隣接 P2はガーデンゾーン・オーシャンゾーンどちらにもアクセス可能
P3はウエスト2から入場となるのでスターバックスコーヒー店横を通ります。
オープン前の9:30から営業しているので早く到着してもゆっくりとお茶しながら待つことも出来ます。

 

アーバンゾーン

P3・P4・P5からのアクセスが近い。
P4まえにはキッズパークが完備されており楽しそうな遊具があります。
子供が遊んでいる間夫婦交代で買い物出来ますね。
アウトレットの丁度真ん中に位置するウエスト1ゲートが近いので、行きたいお店へのアクセスは簡単かもしれません。

 

グリーンゾーン

P5・P6からの入場が近い。
P5・P6からはサウスゲートからの入場となり、そこをまっすぐ突っ切るとフードコートがあります。
朝8:30から営業しているセブンイレブンがフードコート内にあるので、早く着き過ぎたら朝食やコーヒを買うことも出来るので便利です。
P6に駐車するとタリーズコーヒーにも近いのでお店がオープンする前の朝9:30からコーヒーを飲みながら待つことも可能です。

 

駐車場はどこがおすすめ?

木更津アウトレットへ車で来る方のほとんどが東京湾アクアライン”木更津金田IC”を利用するのでアウトレットが見えてくるとP1・P2への入庫を係員から案内されますが、そこを通り過ぎP3/P4から入庫してP4に停めるか、その先のP5への駐車をおすすめします。

理由は簡単、帰路の”木更津金田IC”へのアクセスが近いからです!

平日ならP1・P2でも良いのですが、帰りの東京湾アクアラインの上り平日でも夕方には渋滞することもあるので、少しでも早く帰りたい場合はP4かP5に停めましょう。

暑い夏ならP7がおすすめ、立体駐車場なので日差しをさえぎってくれます

 

土日祝・大型連休・年末年始はP10・P11に停める

土日祝・大型連休・年末年始はP1〜P8への入庫は渋滞し車を停めるにもかなりの時間がかかります。

やはり誰もがアウトレットに隣接している近い駐車場が便利と思うのは当然ですが、混雑時期だと”行きはよいよい帰りは怖い”でアクアライン渋滞が重なりP1〜P8から出庫するにも相当な時間がかかる覚悟が必要です。

連休に行く場合は車の入庫がスムーズでも帰りのアクアラインまでの渋滞を考慮して、P10・P11に駐車するのをおすすめします。

確かにアウトレットまで徒歩200mもあり、車に荷物だけを置きに行くときなど不便さはありますが、帰りの渋滞地獄に巻き込まれるよりかなりのストレスフリーになります。

もう一つ、P10・P11駐車の利点は混雑によってICへの帰宅ルートが選びやすいこと!

木更津金田ICまでの道が混んでいれば、一つ先の袖ケ浦ICへの迂回路もチョイスになるのです。

当日P10・P11が空いているかはHPで確認してください

 

木更津アウトレット駐車場の混雑回避方法や裏技紹介

更津アウトレット駐車場どこがいい?混雑回避方法や裏技も紹介

都心から約40分ほどで到着する三井アウトレットパーク木更津は簡単にアクセスできるショッピングスッポット。

アクアラインから見える海を見ながらドライブ、東京湾に浮かぶPA海ほたるで休憩したら15分程でアウトレットに到着です。

アクセスもしやすく気軽に都心から行けるので人気スポットですが、連休となると朝から車で入庫する列で大渋滞。

イライラせずに混雑回避する方法や裏技をお教えします。

 

大型連休・年末年始は1時間以上前の到着を目指す

三井アウトレットパーク木更津のオープンは朝10:00からとなっており、駐車場の開場は朝9:30からと公式は発表しています。

しかしGWやお盆休み、年末年始など大勢の人が移動する時期は朝7:00ごろから駐車場は開けており、開店の10時にはほぼ満車となるので注意が必要です。

混雑時期はもちろんアクアラインもお出かけ渋滞するので、アウトレットにやっと到着しても直ぐに車を停められず買い物するために車の中で過ごす時間が長くなってしまいます。

そんな時にアウトレットへ行く予定の場合、必ず1時間以上前に到着するように予定を立ててください、駐車場に車さえ停められればお店のオープンまで時間を有効的に使うことが出来るからです。

木更津アウトレットの周りには、徒歩圏内に朝7:00から営業しているマクドナルドやコメダ珈琲、牛丼の吉野家があり朝ごはんを食べるチョイスが沢山あります。

朝はやく車を停めることが出来たらオープンまでゆっくり朝ごはんを食べたり、9:30からとなりのカインズで買い物したりと渋滞からのイライラもなく遊べるので、1時間以上前の到着は混雑回避に有効です。

せっかく来たから買い物もゆっくりしたいところですが、行楽日和帰り夕方のアクアライン上りは渋滞覚悟です!遅くとも15:00頃にはアウトレットを出発したいものです。

 

木更津アウトレット駐車場混雑の回避裏技は?

行楽時期に早く到着するのが混雑回避なのはわかりっきたことですが、もう一つスマートに駐車出来る方法があります。

それは国内アウトレットモール初”バレーパーキングサービス(有料)

専門のスタッフが車を預かり希望者には有料で洗車までしてくれるのです。

バレーパーキングは1回1500円と有料ではありますが、渋滞の行列にイライラしながら並んだり、駐車スペースを探す時間を考えたら1500円は安くないですか?

車寄せでキーを預けるだけで後は専門スタッフが車を預かってくれるので楽ちん、帰りも車を探したり荷物を運ぶ必要もなく快適に買い物が出来ます。

サービスは基本土日祝だけなので繁忙期などはHPなどで確認してみてください。

木更津アウトレットの駐車場はどこがいい?まとめ

更津アウトレット駐車場どこがいい?混雑回避方法や裏技も紹介

せっかく楽しみにしていた木更津アウトレットでのショッピングでもあまりの混雑日で高速道路から駐車場まで大渋滞なんて悲し過ぎます。

混雑回避できたとしても停めたい場所に駐車できるとは限りません、どこがいいか事前に停めたい場所を決めておくか空いている朝早い時間に入庫してお気に入りの場所を見つけるのが最適です。

また国内アウトレットパーク初のバッレットパーキングは有料ですが、渋滞まちのイライラを解決するあまり知られていない裏技です。

事前の下調べは必須ですが、混雑日でも時間を有効的に使って楽しいショッピングデーにしてください。

今回は「木更津アウトレット駐車場どこがいい?混雑回避方法や裏技も紹介」をお伝えしました。