MENU

「本サイトのコンテンツには商品プロモーションが含まれています」

ハワイ

ハワイの服装で50代女性におすすめは?必須アイテムもご紹介!

ハワイの服装で50代女性におすすめは?必須アイテムもご紹介!
Pocket

ハワイへ行く!と決まったらうきうき嬉しい反面、50代女性悩むのが服装と持ち物。

若い頃なら滞在中短パンにTシャツとベタなアイテムでOKですが、人生経験を積むとTPOを色々考えてしまうのものです。

宿泊数を考えて服装のコーディネートや必須なアイテムを考えるのが毎回悩みの種で憂鬱な時間、楽しいハワイが待っているのになんで私悩まなくてはいけないの!とギリギリまで着るもの決まらないパターン。

何度の訪れてはいるけど、日本とは文化も気候も違う海外なので治安の不安も抱えながら、極力浮かないように考えるのも一つ。

日本人と直ぐに分かるNGなファッションはしないと心がけることもハワイでは必要。

今回は50代女性ハワイ旅でおすすめなファションのご紹介と必須な持ち物をご紹介!

 

ハワイの服装で50代女性におすすめは?

ハワイの服装で50代女性におすすめは?必須アイテムもご紹介!

海外旅行は現地でのファッションコーディネートに頭を悩ませますが、ハワイは基本的に一年中ほぼ安定した気温なので地元民や旅行者は基本Tシャツに短パンです。

でも50代で短パンは避けたいアイテムの一つ、せっかくのハワイなので自分なりのおしゃれも取り入れながら現地で浮かないようにバランスを考えることも大事。

それぞれハワイでの行動パターンによる50代なりのファションを楽しみましょう。

 

飛行機内ファション

ハワイの服装で50代女性におすすめは?必須アイテムもご紹介!

いよいよハワイ当日、家を出る時からリゾートファションで決める方はほぼ皆無だと思いますが、ハワイへ到着してからの気候を考えると薄着になってしまうのは仕方の無いこと、上着で調節できるようにしましょう。

特に機内は冷房が効き過ぎなこともあり、配られる毛布では足りないのでカーディガンやストールは必須、ボトムはスカートやワンピースより冷え防止でゆったりとしたパンツスタイルがおすすめです。

同じカーディガンでも日本ではよく見かけるロングカーディガンですが、ハワイでは着ている人がいないので浮いてしまい目立つので短めのカーディガンにしておくのが無難です。

ほかには 動きやすいからとデニムを履いている方がいますが、長時間座ったままだとお腹を締め付けて血行が悪くなることもあるので、ストレッチ素材の締め付けがないリラックスできるパンツが良いと思います。

しかしパンツよりスカート派の方でしたらマキシ丈ワンピースも素敵、靴下や着圧ソックスを隠すことが出来て冷えや脚の浮腫み予防にもなるから最適です。

 

 

ホテルでの食事

普段日本ではなかなか行かない高級ホテルでも何故かハワイでは開放的な雰囲気のせいか敷居が低く感じられ朝食やディナーで利用する方も多いと思います。

でも同じホテルでも食事時間によっては利用する観光客のファッションは少し違うようで、外国の観光客も日本人も朝食は短パンとTシャツの方が多かった印象です。

でも我々50代としてはトップスに少し変化を加えTシャツより少しあらたまった感を出したいところ。

トップスはカットソーでネックラインが深めなU字型やボートネックなどでおしゃれ度を出して、大ぶりのアクセサリーでまとめるのが素敵だと思います。

アクセサリーと言っても高価なものをわざわざハワイへ持参するのではなく、カジュアルでお安く手に入るもので十分です。

ホテルでの夕食はそれぞれのレストランでドレスコードが決められているので予約した時点で確認は必須、女性は一つワンピースを用意しておけばどんなTPOにも対応できるので便利です。

バックは観光やショッピングで持っているメインのものではなく、ディナー用に小さめなものを用意しておきましょう、フォーマル度が増して素敵な大人の装いにレベルアップしてくれます。

ディナーでもアクセサリーは高価な貴金属ではなく、大ぶりでプチプラなものでOK、シンプルな装いにアクセントをつけると素敵です。

買い物後にショッピングバックを持って直接レストランへ行くのはNGなので気をつけてください、時間がなければホテルフロントに預けましょう。

 

観光と買い物

ハワイの服装で50代女性におすすめは?必須アイテムもご紹介!

ハワイでの観光や買い物はカジュアルな格好で大丈夫なのですが、買い物で室内に入ると冷房の強さに驚く事がしばしばあります。

外の暑さと室内の涼しさを行ったり来たりしていると体が対応しきれず体調を壊しやすくなるのでストールやカーディガンは必須です、タクシーやトロリー、移動バスなどに乗っていると日差しがきつく感じることもあるので日焼け予防のアイテムにもなって便利です。

ハワイとなると常夏の島のイメージがあるので滞在中の足元はサンダルやミュールで統一してしまう傾向にありますが、靴に関して言えば必ず2種類は用意して欲しいと思います。

日頃は日本で履き慣れているサンダルでも長時間履いていると足裏や指の先が痛くなり汗で擦れてくることもあるので、予備に二足は必要です。

観光や買い物でも日本と違ってとてもスケールが大きく広いので、知らず知らず歩き続け足も浮腫んで歩くことがつらくなることもしばしばあるからです。

私はサンダルは勿論ですが、自分の洋服にコーディネートするスニーカーを必ず持参しその日の予定に合わせて靴を変えるようにしています、履き慣れているスニーカーなら長時間履き続けても疲れることはありません。

 

これは駄目!NGな格好

海外になると開放感で回りが見えず浮いてしまう服装をしてしまうこともあります。

一昔は派手なムームーやアロハシャツ、Tシャツを着た観光客も多かったのですが、今ではカジュアルなTシャツやロンクパンツに落ち着いているようです。

ハワイは治安が悪くは無いとは言え日本とは文化も違う海外なので、日本で大丈夫な服装やファッションアイテムがハワイでは目立ってしまい自ら日本人であると言っているようなものなので気をつける必要があります。

現地の方が言ってましたが、観光客を狙った犯罪が増えているそうで日本人とわかる服装やアイテムは避けるべきでしょう。

防犯上、日本人と直ぐに分かってしまう避けるべきファションアイテムをいくつかご紹介します。

 

日傘・アームカバー

猛暑の日本では男女共に日傘が必須、アームカバーをした女性が多い現在ですがハワイでは誰も日傘をさしたりアームカバーをしていません。

ワイキキの通りを日傘を差している女性がいましたがとても目立っていました、自分は日本と変わらぬ格好をしていると思っているのでしょうが、周りは誰も日傘をさしていません。

欧米観光客は日焼けをしたいからハワイに来ているからです。

勿論日本人は日焼けはしたくない人が多いので日傘をさしたりアームカバーをつけたい気持ちは分かりますがハワイではNGです、カーディガンやストールで代用し帽子をかぶりましょう。

ウエストポーチ

パスポートや貴重品を持ち歩くのにウエストポーチをつけている方をみかけます。

ウエストにベルトで巻きつけるウエストポーチはどこから見ても日本人と分かるアイテム、できるなら斜めがけのショルダーバッグがおすすめです。

貴重品は肌身離さずが基本なので、斜めがけショルダーはアメリカ人観光客も持っている必須アイテム、両手が空くので自由がきいて便利です。

ブランドバッグ

折角のハワイ旅行なのでおしゃれしたくてブランドバッグを持ってくる方がいますが、高価なものを持っているアピールなので防犯上おすすめ出来ません。

日本と同じようにフードコートなどで席取りをブランドバッグで置いている人がいますが、盗んでくださいと言っているようなものなのです、折角のハワイ旅行が悲しく終わらないようブランドバッグではなくプチプラバッグで対応しましょう。

 

ハワイの50代女性服装必須アイテム

ハワイの服装で50代女性におすすめは?必須アイテムもご紹介!

何度も訪れているハワイですが、慣れてくると必要なものと必要でない無駄なものが段々分かってきて、ファッションコーディネートさえ決まればパッキングが早く終わるようになりました。

毎回必ず持っていく必須アイテムがあるので、いつも自宅に揃えておけばパッキングも苦ではありません。

今回は主に機内持ち込みするアイテム中心に必須アイテムご紹介します。

 

用途多様なつめきり

爪切りは機内に持ち込めるのをご存知ですか?

爪切りと言っても日本でおなじみのクリッパー型爪切りは機内持ち込み可でニッパー型タイプはNGです。

機内はとても乾燥しているので、気づくとささくれが出来たり爪が割れていたりネイルが剥がれたりと爪トラブルが良く起こります、そんな時持参した爪切りがあれば安心。

日本の爪切りは外国製品より良く切れるので現地で爪のトラブルが起きても自分の爪切りなら安心して爪のケアが出来るのです。

また、ハワイで着ようと買っておいた新品の服についた値札のプラスチックタグを切る時にも役に立つので、何かと便利なのです。

 

着圧ソックス

これは機内では欠かせないアイテムの一つです。

長時間飛行機に乗っていると脚が浮腫んで到着時に靴が履きにくくなることもしばしばあります。

私の場合裾が広めのリラックス出来るパンツを履いて着席後直ぐに着圧ソックスを履きます、着圧ソックスを履くと脚に圧力がかかるので血流が良くなり、浮腫みが解消できてスッキリするのです。

ハワイ滞在期間中でも一日中歩き回るので毎晩寝るときに着圧ソックスを履きながら休むと翌朝には脚が軽くなるのでおすすめです。

ハワイでは自分で気づかぬうちに良く歩くので、足の疲れを次の日に持ち越さないため着圧ソックスで足を軽くしましょう!

 

簡易スリッパ

機内では着圧ソックスを履いているのでスリッパは必須です。

トイレへの移動の度に着圧ソックスを脱いで靴を履く手間を省くためです。

ハワイの高級ホテルならスリッパも用意されていますが、ほとんどのホテルにはスリッパは常備されていないので室内移動用にもスリッパは欠かせないアイテムになります。

100均でも売っているスリッパで十分なので帰国後捨ててしまうか、折りたたみパンプスと呼ばれる”バタフライツイスト”の折りたたんで収納出来るフラットシューズもおすすめの一つです。

 

折り畳みエコバック

ハワイでは2018年から州法によって再利用出来ないプラスチック製のレジ袋や紙製のショッピングバッグは使用が禁止となりました。

ほとんどのお店で無料のレジ袋が貰えなくなったハワイではエコバックは持っていないと有料レジ袋を買うことになるので、日本で使い慣れている折り畳みエコバッグはいくつか必要です。

でもハワイにはお土産にもなる可愛いエコバッグが多数売られているので、記念に自分用に現地で購入するのも楽しみの一つです。

 

ハワイの服装で50代女性におすすめは?必須アイテムまとめ

ハワイの服装で50代女性におすすめは?必須アイテムもご紹介!

50代にもなると見栄えも気にするのでついアクセサリーを高価なものにしたり、バッグも見た目の良いものを選びたくなるのですが、ハワイとなると郷に入れば郷に従えで目立たないようにアクセサリーなどはプチプラで服装をまとめるのが得策です。

でも旅行となると思い出の写真にも写ってしまうので、ハワイでのファッションコーディネートは女性にとって最重要項目かも知れません。

着心地の良い素材を選び上記で書いたNGアイテムを除いた自分なりのおしゃれを楽しんでいただけたらと思います。

ハワイ必須アイテムは私が毎回持って行って良かったものなので、是非皆さんのハワイ旅行でもお役に立てると確信しています。

今回「ハワイの服装で50代女性におすすめは?必須アイテムもご紹介!」をお届けしました。